MENU

好意があっても連絡しない男性の心理!自分から連絡してこない男の本音と対処法

好意があっても連絡しない男性の心理!自分から連絡してこない男の本音と対処法

 

「好意があっても連絡しない男性の心理ってどんな感じなの?自分から連絡してこない男の本音と対処法があったら知りたい!」

 

好意があるはずなのに、自分からなかなか連絡してこない男性に対して色々と感じることはあるでしょう。

いつも、こちらからの連絡だと「好意があると思ったけど私の勘違い?」なんて、落ち込んだり不安になったりする女性も多いはず。

 

好きな人とは積極的に連絡を取り合いたい人にとって、不安が募ってしまう原因になるかもしれません。

  • 好意があっても連絡してこない男性の心理は?
  • 連絡してこない男性は私のこと好きじゃないの?
  • 好意があっても連絡してこない男性の対処法が知りたい!

など、知りたいことがある人もいるはずです。

 

そこで、今回は好意があっても連絡しない男性の心理についてお伝えしていきます。

また、自分から連絡してこない男の本音と対処法もご紹介するので、気になる男性がいる場合はぜひ最後まで読んでみてください。

 

目次

好意があっても連絡しない男性の心理!自分から連絡してこない男の本音は?

好意があっても連絡しない男性の心理!自分から連絡してこない男の本音は?

 

女性からすると、好きなら自分から連絡してきてもいいはずと思ってしまうかもしれません。

しかし、好意があっても連絡しない男性は意外と多いものです。

 

男性の中にはこまめに連絡するタイプもいれば、なかなか連絡してこないタイプもいるためです。

なので、男性の場合は「連絡してこない=好意がない」というわけではありません。

 

そこで、男性がどのような心理で連絡してこないのかをここから紹介するので、チェックしていきましょう。

好意があっても連絡しない男性心理
  • 用がある時や緊急性の高い時にしか連絡しないタイプ
  • 仕事が忙しく連絡している時間がない
  • 恋愛以外に没頭している趣味がある
  • 連絡するのが苦手でついつい先延ばしになっている
  • 女性側から連絡がほしい
  • 会っている時以外は自分の自由に過ごしたい
  • 自分から連絡するのがなんとなく恥ずかしい
  • 好意はあるけれどそこまで夢中になってはいない
  • お互い両思いだと思い安心してズボラになっている
  • 連絡しないことであなたと駆け引きしている

 

用がある時や緊急性の高い時にしか連絡しないタイプ

 

好意があっても連絡しない男性心理、1つ目が「用がある時や緊急性の高い時にしか連絡しないタイプ」です。

男性の中には仕事の用件や緊急なことがない限り、連絡しない人も存在します。

 

このタイプの男性にとって、LINEや電話は単に連絡用のツールでしかありません。

女性はLINEやメールのやり取りでコミュニケーションを楽しむ人が多いため、連絡用にしか使わないという考え方は理解しにくいでしょう。

 

そのため女性側の視点から見ると、連絡してこない男性に対して不安を募らせてしまうかもしれません。

でも、連絡に対する考え方は人それぞれです。

 

このタイプの男性は好意がないから連絡しないわけではないので、男性の連絡に対する考え方を理解することが大切です。

こまめに連絡がほしいという気持ちを、男性に押し付けたりしないように心がけましょう。

 

それよりも男性の性格を理解して、こちらが合わせるようにすると男性もその心遣いに対して惹かれることもあります。

 

仕事が忙しく連絡している時間がない

仕事が忙しく連絡している時間がない

 

好意があっても連絡しない男性心理、2つ目が「仕事が忙しく連絡している時間がない」です。

本当に仕事が忙しくて、LINEやメールをする時間がない男性もいます。

 

女性からすると「いくら忙しくても返信する時間ぐらいありそうなのに」と思ってしまうかもしれません。

でも、20代の働き盛りや30代で昇進が掛かっている男性などであれば、毎日仕事に追われてLINEを見る余裕すらない場合もあります。

 

また、ちょっと空いた時間があればとにかく休みたいと考える人もいるでしょう。

なので、もし仮にLINEを見ても返信する内容にまで頭が回らず確認だけになってしまうのです。

 

そのため、男性が仕事で忙しそうだなと思ったら、こちらからの連絡は控え目にする気遣いも大切です。

忙しくて連絡しないタイプの男性は、仕事が落ち着いたら必ずあなたに連絡をしてくれるでしょう。

 

また、勤務中はスマホを持ちこめない職場もあるので、そもそも連絡すること自体が難しい場合も考えられます。

その辺の事情もわかってあげて、単にこちらが不安になるだけじゃなくて「お仕事頑張って」と気遣ってあげてみてください。

 

恋愛以外に没頭している趣味がある

 

好意があっても連絡しない男性心理、3つ目が「恋愛以外に没頭している趣味がある」です。

男性の中には夢中になっている趣味があると、連絡も少なくなりその趣味に対して没頭する場合もあります。

 

中には、睡眠や生理的な時間を削ってでものめり込んでしまう人もいるでしょう。

男性がのめり込みがちな趣味といえば、ゲームなどのインドアから車やバイク、スポーツなどのアウトドアまでさまざま。

 

1つの趣味だけでなく、複数の趣味をもっている男性もいます。

さらに、趣味仲間との交流が楽しい思っている男性もおり、休みや空いた時間は常にコミュニケーションをとっている場合もあるでしょう。

 

このタイプの男性は趣味を優先して、女性のことは後回しにしてしまって連絡すら見ていないことも考えられます。

そのため、自分から女性に対して連絡することもほぼないでしょう。

 

ただ、連絡がないからといって、必ずしも好意がなかったり遊び目的ではありません。

単に今は趣味で生活が充実しているので、恋愛に関心が薄いだけだからです。

 

恋愛に不向きな男性のタイプと言えるため、こちらが積極的にアピールをすることで好意にやっと気づくかもしれません。

なので少し大変かもしれませんが、脈がないわけではないため頑張って振り向かせるようにしましょう。 

 

連絡するのが苦手でついつい先延ばしになっている

連絡するのが苦手でついつい先延ばしになっている

 

好意があっても連絡しない男性心理、4つ目が「連絡するのが苦手でついつい先延ばしになっている」です。

メールやLINEのやり取りに苦手意識がある男性も連絡が少ないタイプになりえます。

 

このタイプの男性は、好きな女性に連絡しようという気持ちは少なからず持っている場合が多いでしょう。

ただ文章を考えてやり取りするのが苦手で、行動に移すのが面倒になってしまうのです。

 

女性は「好きなら苦手な連絡もしてくるはず」と思っている人が多いかもしれません。

なので、「連絡がない=自分のことは好きじゃない」と不安になってしまう人もいるでしょう。

 

ただ、もともとメールやLINEが苦手な人は、誰に対しても同じです。

つまり、何か用件が無い限りは自分から積極的に連絡することはほぼありません。

 

また、連絡のタイミングが分からずに自分からメールやLINEをしてこない男性もいます。

なので、女性の状況を考えて「今、連絡しても大丈夫かな」と迷っているうちに、連絡のタイミングを逃してしまうのです。

 

好きだけど気遣いから連絡しないだけなので、一言「いつ頃なら連絡しても大丈夫」と伝えると、安心して連絡してくれますよ。

こちらから相手の男性を安心させるように気遣ってあげてみてください。 

 

女性側から連絡がほしい

 

好意があっても連絡しない男性心理、5つ目が「女性側から連絡がほしい」です。

恋愛に受け身の男性は自分から連絡をすることはなく、女性から連絡がほしいと思っているかもしれません。

 

このタイプの男性は奥手で受け身なので、好きな人からの連絡を待つだけで用件がない限り自分からすることはありません。

この理由としては、もともと恋愛に対して消極的なのか、過去に何かしらのトラウマがあって慎重になっている可能性もあります。

 

女性に嫌われるのが怖くて、自分から積極的にアプローチすることができないのでしょう。

逆に、プライドが高い男性や俺様タイプの男性の中には、自分から連絡するなんてとんでもないと思っている人もいます。

 

自分がいつも優位に立っていたいので、自分から動くのではなく相手に動いてほしいタイプといえます。

なので自分からは絶対に連絡をすることがなく、女性からの連絡にも少し冷たいのが特徴と言えるでしょう。

 

このように相手から送らないタイプは、お互いに連絡を待ち続けていることになってしまうため女性側から適度に連絡を入れてみてください。

 

会っている時以外は自分の自由に過ごしたい

会っている時以外は自分の自由に過ごしたい

 

好意があっても連絡しない男性心理、6つ目が「会っている時以外は自分の自由に過ごしたい」です。

LINEやメールをしている時間は、女性から束縛されている感覚になる男性もいます。

 

なので、会っている時以外はLINEやメール、電話で連絡したくないと思っているかもしれません。

女性のことは好きだけど会っていない時間は1人で過ごしたり、趣味の時間に使ったりするなど自分の自由に過ごしたいというのが本音です。

 

女性側からすると、会っていない時に連絡できないのは寂しいと思ってしまうでしょう。

でも、普段は頻繁に連絡しないから、会っている時間が新鮮で充実したものになると考えることができます。

 

さらに女性側も自由な時間を楽しむことで、心にも余裕がでてきて男性に依存することなく生きられるはずです。

気になる男性が束縛されない関係に居心地の良さを感じるタイプなのであれば、こちらも合わせるようにしてみてください。

 

自分から連絡するのがなんとなく恥ずかしい

 

好意があっても連絡しない男性心理、7つ目が「自分から連絡するのがなんとなく恥ずかしい」です。

自分から女性に連絡するのは照れくさいと感じるタイプなのかもしれません。

 

連絡をするのが恥ずかしいと思っているタイプは、自分からは連絡しませんが返信は早い特徴があります。

そもそも奥手でシャイなタイプの男性は、本当に好きな女性には積極的にアプローチできないものです。

 

「自分から送って嫌われたらどうしよう」と考えてしまい、結果的に何も送らずに相手からの連絡を待っているのかもしれません。

でも、男性はあなたのことが好きなので返信は早いわけです。

 

女性からすると、もどかしい感じかもしれませんが、親しくなれば恥ずかしさも次第に薄れていくので連絡を入れてくれるようになりますよ。

ちょっと面倒ですが、男性が女性とのメールやLINEに慣れるまで、しばらくリードしてあげてみてください。

 

男性が慣れるまではあなたから積極的にアピールしていきましょう。

 

好意はあるけれどそこまで夢中になってはいない

好意はあるけれどそこまで夢中になってはいない

 

好意があっても連絡しない男性心理、8つ目が「好意はあるけれどそこまで夢中になってはいない」です。

もしかしたら、男性には他にも好きな女性がいるため、積極的に連絡していないのかもしれません。

 

つまり、あなたは気になる女性と上手く行かなかった時の、キープになっている可能性も考えられます。

男性にとって恋愛の優先順位が高いのは、本命の他の女性。

 

あなたは好きなタイプの女性ではあるけど、他に好きな女性がいるのでそこまで夢中になれないのでしょう。

さらに、あなたは夢中になっている女性ではないので、連絡も減っていくというわけです。

 

ただ連絡が少なくても男性からきちんと返信がきているなら、まだ好意があるサインです。

ですが、あなたが連絡しても男性からの返信が遅く、謝罪もない場合は関係を見直した方がいいかもしれません。

 

お互い両思いだと思い安心してズボラになっている

 

好意があっても連絡しない男性心理、9つ目が「お互い両思いだと思い安心してズボラになっている」です。

両想いになると安心感が生まれ、連絡のやり取りが減ってしまうことがあります。

 

お互いの気持ちを確かめる前までは、相手と頻繁にやり取りして嫌われないように行動するのではないでしょうか。

しかし、両想いになって何度もデートを重ねていくと関係性も変化していきます。

 

とくに長い付き合いの場合は、連絡を取り合わなくても相手の気持ちが何となくわかるようになるでしょう。

ですが、これは「相手には言わなくてもわかるだろう」という思い込みです。

 

なので、わざわざ連絡する必要はないと判断して、連絡頻度も減ってしまっているのかもしれません。

この段階で男性から連絡してこないのは、両想いでわかっているだろうと言う安心感からです。

 

ただ、安心感からちょっと扱いが雑になっているとも言えるので、きちんと会った際に寂しいことを伝えるようにしてみてください。

 

連絡しないことであなたと駆け引きしている

連絡しないことであなたと駆け引きしている

 

好意があっても連絡しない男性心理、10つ目が「連絡しないことであなたと駆け引きしている」です。

恋の駆け引きをするタイプの男性は、あえて連絡をしてきません。

 

ただ、連絡が来ない女性は不安になってしまい「いつ返事が返ってくるんだろう」とその男性のことを考えてしまいます。

これが男性の狙いです。

 

返事を返さないことで女性の意識を自分に向けさせて、存在を強く印象付けようとしているのかもしれません。

なので恋の駆け引きをすることで、好きな女性の気持をしっかり掴もうとしているのです。

 

これからの恋愛において、男性は女性の優位に立ちたいと考えているのでしょう。

つまり、これまで順調に連絡してきたのに急に連絡の頻度が減った場合は、男性が恋の駆け引きをしている可能性を考慮してみてください。

 

あなたが不安になって、何度も連絡を入れるのは男性の思い通りになっているということです。

もちろん恋の駆け引きに抵抗感がある場合は、しばらくあなたからも連絡を取らないようにすると良いでしょう。

 

ただ、お互いに両思いであるのであればどちらかが積極的になり、付き合ってしまうことも1つです。

 

対処法も解説!自分から連絡してこない男への効果的な対応方法

対処法も解説!自分から連絡してこない男への効果的な対応方法

 

好意があっても連絡しない男性の心理はさまざまでした。

そのため、単純に連絡が苦手だったり、恋の駆け引きの手段として使ったりする男性もいます。

 

いろいろなタイプがいてどう接すればいいのか迷うと思うので、ここからは好意があるのに連絡しない男性への効果的な対処法をご紹介します。

自分から連絡してこない男への効果的な対応方法
  • 相手から連絡してくるまで腹をくくって放置する
  • 返信しやすい短文の連絡を入れてみる
  • 電話やLINEなど、連絡方法を色々試してみる
  • 共通の友人に相談する
  • 連絡がもらえた時大げさなくらい喜ぶ
  • 会っている時に「連絡くれると嬉しい」とねだる

いつも「どうすれば連絡してくるんだろう?」「たまには連絡してほしい」と、悩んでいる人はチェックしておきましょう。

 

相手から連絡してくるまで腹をくくって放置する

 

自分から連絡してこない男への対処法、1つ目が「相手から連絡してくるまで腹をくくって放置する」です。

連絡が来なくても焦らないで、とにかく待ってみましょう。

 

どれだけ待てるかは人それぞれですが、とりあえず相手から連絡がくるまで待ってみるのも1つの方法です。

この期間はあなたから連絡をしなくても問題ありません。

 

いつもあなたから連絡がくると思っていた男性は「何かあったのかな?」と不安になり、向こうから連絡してくる可能性があります。

そして、連絡しないことが、相手を不安にさせる行為だと気づかせるのです。

 

さらに距離を置くことで、相手への好意がさらに高まったり自分の気持ちを見つめ直したりもできるでしょう。

とにかく気持ちを落ち着けて待ちの姿勢で過ごしてみてください。

 

また、連絡が来ないからといって何度もLINEやメールを送ってはいけません。

鬱陶しいヤツと思われてしまうだけなので、連絡は必ず待つようにしてみてください。

 

返信しやすい短文の連絡を入れてみる

返信しやすい短文の連絡を入れてみる

 

自分から連絡してこない男への対処法、2つ目が「返信しやすい短文の連絡を入れてみる」です。

なかなか連絡してこない男性には、返信しやすい内容のLINEやメールを送ってみましょう。

 

内容は男性が日頃から興味をもっていることや得意な分野に的を絞ると、連絡のやり取りが苦手な相手でも返信しやすくなります。

とくに男性が好きなことで、タイムリーな話題なら会話も盛り上がるはずです。

 

また、送る際の文面は返信しやすいように質問系で作ってみてください。

合わせて、長文にすると読むだけでも面倒になる男性もいるので、できるだけ短文にまとめるのがおすすめです。

 

自分の好きな人が得意な分野に興味をもってくれるのは嬉しいものなので、男性もきっと返信してくれるでしょう。

 

電話やLINEなど、連絡方法を色々試してみる

 

自分から連絡してこない男への対処法、3つ目が「電話やLINEなど、連絡方法を色々試してみる」です。

男性がSNSを利用している場合は、投稿欄にコメントを残すのも1つの方法です。

 

LINEや電話は返信しなくてはいけないというイメージがあり、ハードルの高さを感じる男性も中にはいるでしょう。

ですが、SNSは自分のペースでいつでも投稿できるツールです。

 

そのため、LINEや電話が苦手な男性にも使いやすく、LINEは返ってこなくてもSNSなら返信してくる可能性が高いです。

 

まずは男性の投稿にいいねしたり、コメントを残したりしてコンタクトをとってみてください。

SNS経由の連絡だとしても、急にDMなどを送るのではなくあくまでも軽めに反応して、短文を心がけることが大切です。

 

共通の友人に相談する

共通の友人に相談する

 

自分から連絡してこない男への対処法、4つ目が「共通の友人に相談する」です。

男性とあなたに共通の友人がいる場合は、彼のことを相談してみるのも良いでしょう。

 

ここのポイントしては、男性のことを良く知っていて信頼できる友人を選ぶことです。

そうすることで、あなたが知らない男性の一面を友人が教えてくれるかもしれません。

 

さらに、友人を介すことで「なぜ連絡しないのか」「そもそも女性に好意があるのか」などの理由が分かる場合もあります。

あなたに好意があることがわかれば、不安も多少は解消されるでしょう。

 

第三者目線の情報は、あなたがこれまで気づかなかったことも多いため、今後男性と付き合っていくうえで参考になるはずです。

 

連絡がもらえた時大げさなくらい喜ぶ

 

自分から連絡してこない男への対処法、5つ目が「連絡がもらえた時大げさなくらい喜ぶ」です。

男性が連絡をくれた時は、大げさなくらいに喜びを表現しましょう。

 

好きな女性が「連絡ありがとう。本当に嬉しい」と喜んでくれれば、送った男性も嬉しくなってしまいます。

連絡すれば「こんなに喜んでくれる」と男性側が実感できれば、今よりも連絡を増やそうとしてくるでしょう。

 

ただ、彼が無理して連絡を取ろうとすると長続きしません。

とくに仕事で忙殺されていたり、LINEやメールに苦手意識があるような男性もいるとお伝えしました。

 

中にはそんな男性もいるので、彼ができる範囲で連絡できるように配慮してあげるようにしてみてください。

 

会っている時に「連絡くれると嬉しい」とねだる

会っている時に「連絡くれると嬉しい」とねだる

 

自分から連絡してこない男への対処法、6つ目が「会っている時に連絡くれると嬉しいとねだる」です。

男性から連絡が来た時や会っている時に、自分の気持ちをそのまま伝えてみましょう。

 

2人だけになった時「あなたから連絡くれると嬉しいな」と甘えてみてください。

ここのポイントしては、嬉しい気持ちをはっきり伝えることです。

 

嬉しい気持ちを受け取った男性は、これまで連絡をためらっていたとしてもこれからは連絡しやすくなるでしょう。

また、会った時に「なんで連絡くれないの?」などと責めてはいけません。

 

つい連絡をくれないことで責めたくなるのはわかりますが、責められると男性は大きなストレスを感じてしまいます。

その結果、連絡が今後取れなくなってしまうこともあるからです。

 

さらに、男性に対して寂しいアピールも逆効果です。

付き合ってもないのに寂しいなんて言われると面倒な女性と思われて、避けられてしまうかもしれません。

 

時には甘えることも大切ですが、やり過ぎないように注意しましょう。

もし会った時に伝えるのであればマイナスなことではなくて、ポジティブになるように甘えてみてください。

 

まとめ

好意があっても連絡しない男性の心理!自分から連絡してこない男の本音と対処法

 

ここまで、好意があっても連絡しない男性の心理についてお伝えしてきました。

以下が今回の記事のまとめです。

今回の記事のまとめ
  • 男性は女性からの連絡を待ってる場合もある
  • 20代前半であれば単に仕事が忙しい可能性も
  • 連絡はひとまず待ってみるのがおすすめ
  • LINEに限らずインスタ等のSNSも活用する
  • 連絡がもらえた時は大げさなくらい喜ぼう

 

連絡してこない男性には、さまざまなタイプがありました。

好意があっても、そもそもLINEや電話の連絡が苦手な人、連絡を何度も取り合うなら会ったほうがいいと考えている人もいます。

 

そして女性は「連絡の頻度=愛情の深さ」と考えがちですが、男性から連絡が少ないからといって、女性に好意がないわけではありません。

男性には様々な理由があり、連絡がなくても好意を持ってる人もいるからです。

 

ただ、男性の本心が分からないことでモヤモヤしてしまう人もいるでしょう。

その場合は今回紹介した連絡しない男性への対処法を参考にして、あなたから積極的にアプローチしてみてください。

 

さらに男性の性格やライフスタイルも考えて、アプローチするとより効果的です!

ぜひ記事を参考に好意を持ってるけど、連絡しない男性を振り向かせられるように頑張ってみてください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次